翻訳お問い合わせ画像翻訳お問い合わせフリーダイヤル翻訳お問い合わせFAX番号翻訳お問い合わせFAXフォームダウンロード翻訳お問い合わせフォーム翻訳お問い合わせメールアドレス 無料トライアル翻訳画像

翻訳の工程


翻訳と言うと、翻訳者が訳文を書いている様子を思い浮かべられる
と思います。しかし、実際には翻訳文を完成させるまでには翻訳者
以外にもいくつかの役割を持った人が携わっています。

翻訳の工程は、翻訳文の難易度や用途によって変化しますが、ここ
ではグローヴァの標準的な工程(対外的に正式に使われる文書を翻
訳する場合の工程)をご説明したいと思います。
各工程の名称はグローヴァ内で通常使用している名称です。
他社とは多少異なる点があることをご了承下さい。


翻訳工程は、翻訳から始まります。

翻訳者は原文を読み込み、原文に関連する事項をインターネット等で
調べるなどして、原文の内容を把握し、訳文を作成します。
翻訳者はそれぞれ得意とする分野の翻訳に携わります。
翻訳中に使用する専門辞書や用語集などはもちろん対象となる
専門分野に対応したものです。

次に、リライトを行います。


リライトとは、ターゲット言語のネイティブが訳文を読んだ際に、
違和感が無い文章に修正する作業です。

翻訳者はプロで高い文章力を有しているのですが、別の目で文章を
見直すことでより高い訳文クオリティを実現させるためにリライト
を行っています。

リライトは、英訳であれば英語のネイティブ、和訳であれば日本語の
ネイティブといったようにターゲット言語のネイティブで対象分野の
基礎知識を持っている者が作業にあたります。
リライトが終われば、レビューを行います。


レビューとは、原文と訳文を読み合わせて、意味が離れていないかを
確認する工程です。
文章の読みやすさを重視する一方で、正確さも翻訳文にとって大切
な要素であるためです。
レビューが完了すれば、訳文の仕上げとして、校正と突合せチェッ
クを行います。


校正とは、訳文の誤字脱字、スペルミス、文法非文、前後の文脈の
つながりを確認する工程です。


突合せチェックとは、原文中のデータが正しく訳文に転記されてい
ること、および訳抜けが無いかを確認する工程です。

原文中のデータには、製品名や会社名などの固有名詞、金額、単位、
住所、電話番号、URLなどが含まれます。これらを間違ってしまう
と、その他の訳文の文章が読みやすいものであっても、翻訳文とし
ての意味を成さなくなってしまいます。

翻訳者、リライタはそれぞれよりクオリティの高い文章にこだわっ
て作業をしているので、ついうっかり文字や数字などをタイプミス
しても気づかない場合があります。そのため、最終工程の校正と突
合せチェックを行うことで、このような人為的なケアレスミスの流
出防止を行っているのです。


このように、いくつもの工程を通じて、使用目的に耐えられる正確
さと読みやすさ、専門性を備えた翻訳文が完成します。

もちろん、工程の数はクオリティ、納期、価格に影響しますので、
例えば出版されるご予定の翻訳文であれば、1文字の誤字も無い
ように校正を二重に行ったり、社内資料としてお使いになる場合には
リライトや校正を抜いて納期と価格を絞るなど、用途に応じてアレンジ
いたしますので、翻訳をご依頼の際には、担当コーディネーターに
「どのような訳文が欲しいか」を是非お聞かせ下さい。

御問い合わせはこちら

| 翻訳会社 | 通訳会社 | 自動翻訳サービス「熟考」 | 国際ビジネスガイド | 英語力必須の求人サイト | 企業英語研修 | 企業中国語研修 | 翻訳通訳TOP | sitemap |